※2024年1月~ 鋭意サイトリニューアル中!完成までゆるりと見守ってください♡

五行の図って、実は「北」が上?なのかも??

こんにちは。

スーパー算命学占い師のさえきです。

 

わたし、資料作りが好きでしてね。

算命学や陰陽五行をどうやったら分かりやすく伝えられるのか、いつもいつもいつも考えています。

そして、算命学や陰陽五行については、なるべく自分で図形を作ってお伝えしていきたいな、と思っています。

 

オシャレな資料 というよりは

可視化で分かりやすい という方を重視。

 

で、これまで作ってきた中で、五行図というものがありまして。

皆さんも一度は目にしたことがあると思う、五行(木・火・土・金・水)が円形もしくは五角形に並んでいるアレです。

 

だいたい上が「木」から始まることが多いですよね。

 

でも最近、ぼーっと眺めていて思ったんです。

「これ、もしかして「水」が上なんじゃないかな・・・?」って。  

なぜかというと・・・

「水」を上にすると、東西南北を表すこの図(下図)と近くなるから!

東西南北に配置された図

この図も、算命学ではめっちゃくちゃ大事なんですよね。

すごくよく使います。

 

相性相剋図の「水」を上にすると、北が水、東が木、西が金、南が火 の並びが一致する!

「土」も南側に来ちゃうけど、算命学では「火母かぼに従う」という用語もよく出てくるので、南が「土」なのはアリなんですよね。

  

と言っても五行図と平面五行図はそもそも用途が違うし、こういう図(下図)もちゃんとあるので一緒にする必要はないのだけど。

 

単純に相生相剋の五行図でも「水」が上なら統一感があるなぁと思ったんです。

ま、それだけの話なんですが。

 

ちなみに算命学では立体五行図というのもあって、これも解説の中でめちゃよく使いますね~。

東西南北と天に向かう六方向を示している

  

こういう図を見てるだけでちょっとワクワクするんですよ(笑)

ただの算命学オタクのちょっとした気づきの話でした。

error: This content is protected