アーヤと魔女 | 最初と最後が気になりすぎるぅぅぅ

主演:アーヤ(平澤宏々路)
   ベラ(寺島しのぶ)
   マンドレーク(豊川悦司)

監督:宮崎吾朗

企画:宮崎駿

脚本:丹羽圭子、郡司絵美

原作:ダイアナ・ウィン・ジョーンズ

直後の感想

もーーーーーー!!

なんで?なんで!?

もどかしーーーーーー!!

    

マーヤ、ベラ、マンドレークが良すぎたから、良すぎたから、

マーヤの母親の棒読みがもう冒頭いきなり無理でした。

   

見終わってから調べたら、
マーヤの母親役はシェリナ・ムナフさんでインドネシアのシンガー兼女優さんとのこと。

棒読みというよりカタコトの日本語が違和感だったんですね。

作中歌はめちゃかっこよかったからなぁ。

       

ストーリーは、
生後すぐ孤児院に預けられたマーヤのたくましさ全開でした。

自分の状況を人と比べず嘆かず
その時の好奇心のままに自分にできる最大限のことをやって
自らの居場所を切り開いていく。

 
置かれた場所で満開に咲き誇るマーヤという感じ。
  

アリエッティのようにその先が気になる内容で、もう少し先のストーリーが見たかったなぁ。

「ここで終わるんかーいっ!」ていうね。

続編があったりするのかな?

  

アーヤと魔女
おもしろさ
 (3)
3DCGのキレイさ
 (4.5)
スッキリ度
 (2.5)
オススメ度
 (3)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このページのコンテンツをコピーすることはできません