歳を取ると あっという間に時間が過ぎる…

今年もあと4ヶ月。
1~8月までわたしは一体何をしていたんだろう…。

ほんと歳を取ると日々があっという間。

  

・・・そういうことありますよね?

  

そのとき何をしているか?

新しいこと、初めてのことは
ひとつひとつ確認したり
状況に緊張したり、

味わったことがないものを感じたり
色々と時間がかかるし
記憶にも残りやすいもの。

   

一方で、繰り返しや
何度も経験があることは
いちいち覚えていないし

考えずにできることだったりするので
時間が過ぎるのを早く感じるんですよね。

    

結局、時間が早く過ぎるように感じるのは
その時・その瞬間を、味わっていないから。

と言えるのかも。

   

ぼーっとする時間も
ほんっとうに怠惰に過ごす時間と
ゆったり心の充足を感じながら過ごす時間とでは
感覚が違うだろうし。

   

「今日」を無かったことにしていないか?

もうひとつ。

今日一日を振り返らずに
勝手に「いつもと同じ代わり映えのない日常」にしていると
時間って早く過ぎそうです。

   

厳密に言えば「全く同じ1日」なんてあり得ないのに
自分の中で同じにしちゃってるから

いつもと同じ、普通の日
⇒ 感動も、意識の変化も何もない日

で、早く過ぎ去っている(ように感じている)のかも。

  

わたしが今日を無くしてた。

  

ううーん、なんかもったいないことしてたかも。

   

・記録を取る
・日記を書く
・ブログを書く
・SNSに投稿する 

  

なんでもいい。

なにかひとつでも、わたしは自分を残しておきたい。

   

・・・まぁ、これまで大事にしてなかったケド・・・。

   

ある意味、これも執着なのかもなぁ。

でも、
わたしが今この世に生まれて、ココにいるのは紛れもない事実。

   

何もせずあっという間 を感じながら生きるより
何かして「楽しかった!」 で生きていきたい。

   

もっと時間を感じてみよう。

今日を、この時間を、この瞬間を味わってみよう。

記録してみようっと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このページのコンテンツをコピーすることはできません