もう誤解されない・誤解しないっ コミュニケーションのコツ

先週に引き続き本日も株式会社ホームポート様に招致いただき【 タイプ別コミュニケーション術セミナー 】を開催させていただきました。   

  • 理由を聞かれたから答えただけなのに「言い訳するな!」と言われた…(怒)
  • 気を利かせたつもりの行動が「気が利かない」認定されてしまった…(悲)
  • 子どもへの注意が全然伝わってる気がしない・・・!(困)

こんな行き違いもこのセミナーで解決することができます。

セミナー後のご感想を拝見すると、ご参加の皆さまに喜んでいただけたようで、わたしもとても嬉しいです。

   

株式会社ホームポート様、今回もありがとうございました。

家事に、仕事に、育児に、毎日をがんばる女性を全力でサポートしている会社様にご招致いただき非常に光栄です。

     

コミュニケーションストレスの正体は?

言いたいことがうまく伝わらず、イライラしたり、もどかしかったり、悲しかったりした経験は誰しも1度はあると思います。

なぜ、イライラしたり悲しくなってしまうのかというと無意識のうちに
「相手もこれぐらい分かるだろう」
という期待をしてしまっているからなんですね。

相手への期待値が高ければ高いほど、そうでなかった時のショックは大きい。

    

・職場の人より、家族

・知り合ったばかりの人より、昔からの友達

身近にいる人、信頼している人にほど、知らずと期待してしまうもの。

   

そして相手の反応が自分の期待とズレたときに、ストレスを感じてしまうんですね。

   

円滑なコミュニケーションのための大前提

日ごろ意識することはあまりないかも知れませんが
自分とまったく同じ人間はいません。

血を分けた親子でも
同じ親から生まれた兄弟でも
同じ生年月日の双子だとしても

自分とまったく同じ人はいないのです。

    

自分 ≠ 相手 】

自分と相手は違う。

これがきちんと理解できていれば、

相手の反応が自分の予想と違っても
「そうか。自分とは違う受け止め方をしているんだな」と自然と思えるようになり、ストレスがグッと減らせますよ。

   

結局、良いコミュニケーションってなんだろう?

良いコミュニケーションとは

  • 自分の言いたいことがスムーズに伝わる こと
  • 相手の言いたいことがスムーズに理解できる こと

ではないかとわたしは思っています。

    

そして大前提に
「自分とは別の価値観を持った人間なのだから、伝わらないことも理解されないことも、理解できないことも そりゃあるよね」があることで、

・伝えるための工夫をしようと思える
・伝わったとき、とても嬉しい

・相手が何が言いたいのか、意図を考えてあげようと思える
・理解できたとき、とても嬉しい

になるんだと感じます。

    

できて当然 と思うから ⇒ できない時にしんどい

できなくて当然 と思うから ⇒ できたとき嬉しい

こんな感じかな。

     

「わたしのことを分かってくれて当然」ではない、ってことですね。

   

まず、手始めとして タイプ別コミュニケーション

「そうは言っても、どうやって理解していけばいいのさ」に

わたしがお伝えしている【タイプ別コミュニケーション】はピッタリです。

   

たった3つのタイプの違いを知るだけでも、「 こんなに感じ方が違うものなのか!!」を理解していただけると思います。

   

もちろん最終的には[ 世界に一人しかいない、そのひと個人 ]を見ていくのが大事ですが、その見方のヒントにしていただけますよ。

    

一人でも多くの方に知っていただいたいなと思っているので、今週中には一般向けもリリースできるよう準備しまっす!

ぜひお楽しみに♪

今回も盛り上がりました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このページのコンテンツをコピーすることはできません